メニュー

先頭へ

武洲柿生 琴平神社

武洲柿生 琴平神社
武洲柿生 琴平神社
武洲柿生 琴平神社
武洲柿生 琴平神社
武洲柿生 琴平神社 武洲柿生 琴平神社 武洲柿生 琴平神社 武洲柿生 琴平神社

永代使用料?

800,000より


寺院墓地神道ぷらん有

お問合せ番号:TYK1002069C

武洲柿生 琴平神社

神奈川県川崎市麻生区王禅寺東5丁目46−15


武洲柿生 琴平神社

ご案内は

株式会社 中山石渠 東京本社

東京都中野区中央2-22-13フジビル1 三階

お問合せ・見積もり依頼 (無料)
Loadingこの霊園をお気に入りに追加する(0件)

深緑につつまれた希少な神道専用墓地

琴平神社に代々伝わる古文書によると正徳元年(1711年)以前に伊勢山の地に神明社があった事が記されています。その文によると「崇源院様(徳川二代将軍秀忠正室)ご繁栄の砌、祈祷所として当村鎮守大神宮を勧請致し、これまで年々と伊勢踊り、神事祭礼、湯立、神楽等仕え来たり当村鎮守に御座候」と記されており、その後(文政九年1826年)伊勢山の地に、当村名主志村文丞によって四國金刀比羅宮の祭神をこの地に勧請し神明社、琴平社の合社が再建された。これが琴平神杜の起りです。昭和五十五年氏子崇敬者による金刀羅大神の崇敬の思潮が強く打ち出され社名を琴平神社と改称されました。祭神は大物主命(別名を大國主命とも称す)であるが、神明社と琴平社の合社相殿のお宮であった為右側に天照皇大御神を、左側に琴平大神をお祀り申し上げ神座は別々の神座となったものであります。僧上坊と鴉天狗の石像が安置されており、これは神仏混淆の影響を受けたものです。本殿の境内の手水舎を担った山伏し姿の石像は「がまんさん」と呼ばれ地域の人々の信仰をあつめています。又、神殿の天井には渡辺崋山筆と伝えられる63枚の花鳥山水を描いた板絵が嵌め込まれています。
  • 株式会社 中山石渠 東京本社 のヤザワがご案内致します。

    武洲柿生 琴平神社のポイントは
    • 神道の寺院墓地です。
    です。
  • 武洲柿生 琴平神社 で「お墓を建てる」ことをご検討の方は 無料でお見積りいたします。

    当霊園を「一度見てみたい」方に霊園見学予約受付け中です。

  • 株式会社 中山石渠 東京本社は、お墓選びドットコム認定石材店です。

    この霊園でお墓を建てるとキャッシュバック対象となります。詳しくはこちら

武洲柿生 琴平神社の基本情報

 

武洲柿生 琴平神社


永代使用料

800,000より

お問合せ番号TYK1002069C
名称武洲柿生 琴平神社
ことひらじんじゃ
所在地215-0018 神奈川県川崎市麻生区王禅寺東5丁目46−15
霊園区分
  • 公営墓地
  • 民間霊園
  • 寺院墓地
  • 共同墓地
宗旨宗派神道
開園年-
区画数-区画
永代供養墓
管理者-
設備

武洲柿生 琴平神社の区画・価格情報

一般墓地

一般的な、墓石を建て代々継承してゆくお墓です。

樹木葬

樹木や花々を墓標として埋葬するお墓です。

永代供養墓(個別壺)

永代に渡り墓地管理者が供養と管理を行うお墓です。

永代供養墓(合祀埋葬)

永代に渡り墓地管理者が供養と管理を行うお墓です。

区画名区画面積区画サイズ永代使用料管理費
一般墓所0.81㎡間口0.9m × 奥行 0.9m¥800,000¥7,000
一般墓所1.20㎡間口1.0m × 奥行 1.29m¥1,300,000¥10,000

交通アクセス

武洲柿生 琴平神社への交通手段

電車でお越しの場合

小田急線「新百合ヶ丘」「柿生」駅より神奈中バス「琴平下」下車 徒歩0分

バスでお越しの場合

小田急線「新百合ヶ丘」「柿生」駅より神奈中バス「琴平下」下車 徒歩0分

無料!お墓選びドットコムのお墓の相談窓口

お墓のことなら何でもご相談ください。

詳しくは今すぐクリック