メニュー

先頭へ

お墓に刻む文字はお墓の顔とも言われ、お墓作りで最も重要なことの一つでもあります。簡単そうで難しい文字選びのポイントと種類、特徴を詳しくご紹介します。

oe8280

和型墓石に刻む文字

 

一般的な和型墓石は一番上の細長い石(竿石・軸石)に家名・または各宗派の題目を刻みます。

oe8280-2

こんな感じですね。色も地域によって変わったりしますが、基本は白御影なら白色か黒色、黒御影なら色無しか白色となります。また九州地方などでは金箔を入れゴールドになっていたりします。

 

 

洋型墓石に刻む文字

 

洋型墓石はレイアウトや文字の制限が比較的少ないので、自由なキャンバスのように文字を刻むことができます。

oe8280-3

上記のように一文字で「絆」や「偲」など、「ありがとう」や「やすらかに」といったメッセージも彫れます。また、文字の周囲に花のイラストなど装飾を付け加えることで、雰囲気がより一層よくなります。

 

書体の種類とレイアウトで違った印象に

 

使用する書体や文字の配置などでイメージが大きく変わります。多くの石材店では文字彫刻の完成イメージ原稿を見せてくれますので、納得いくまで修正変更しましょう。

oe8280-4

 

このように左右でかなり印象が異なりますよね。ここにイラストの追加や文字の色をアレンジすると組み合わせは無限になります。文字を決める際は、ご家族で楽しみながら考えても良いですね。

#ハッシュタグ